人格心理学

人格心理学は臨床心理学の基礎であり、その人個人の人格(パーソナリティ)を以下のように分類して考えていく学問です。

■類型論
パーソナリティを典型に分類する。

■特性論
一貫している行動傾向に視点を置く。

■力動論
自我の働きに視点を置く。

■状況論
行動の状況依存に視点を置く。

人格心理学では、性格の類型論と個性記述、性格の特性論と心理検査、遺伝と環境、性格の学習論と状況論、人格の一貫性と統合性、他者理解と自己理解などについて学びます。
最近では、乳幼児期と青年期の人格形成についてが注目されています。

■メニュー
いのちの電話
自殺防止センター
カウンセラーと精神科医
犯罪被害者支援センター
ユングの意識と無意識
カウンセリングの通信教育
カウンセラーとして仕事をするために
スクールカウンセラー
カウンセラーの役目
完璧主義者
エゴグラム
インナーチャイルド
スーパービジョン
精神保健福祉士
実体験から学ぶ
自律訓練法
臨床心理学
教育心理学
発達心理学
認知心理学
犯罪心理学
社会心理学
産業心理学
人格心理学
家族心理学
災害心理学
青年心理学
知覚心理学
健康心理学
動物心理学
スポーツ心理学
環境心理学
森田療法
TOPページ