実体験から学ぶ

頭では理解していても、体が反応しないことがあります。
心理学の世界でも、本を読んで勉強するだけでは限界があります。
そのため、体験学習が必要になってきます。

実験の授業では、うそ発見器を付けた相手に質問をしてその反応を観察したり、本物のネズミを使用したオペラント条件付けなどを行います。
また、セミナーや講演会に参加することも大切。
講師として話をしてくれる方は、著名な方、経験豊富な方などがいて、たいへん興味深い話をたくさん聞くことができます。
セミナーでは、セッションが行われる場合もあり、自分でも気付かなかった他者への関わり方などが分かり、非常に刺激を受けることができます。
感性を磨くためにも、セミナーやセッションなどには積極的に参加していきましょう。

■メニュー
いのちの電話
自殺防止センター
カウンセラーと精神科医
犯罪被害者支援センター
ユングの意識と無意識
カウンセリングの通信教育
カウンセラーとして仕事をするために
スクールカウンセラー
カウンセラーの役目
完璧主義者
エゴグラム
インナーチャイルド
スーパービジョン
精神保健福祉士
実体験から学ぶ
自律訓練法
臨床心理学
教育心理学
発達心理学
認知心理学
犯罪心理学
社会心理学
産業心理学
人格心理学
家族心理学
災害心理学
青年心理学
知覚心理学
健康心理学
動物心理学
スポーツ心理学
環境心理学
森田療法
TOPページ