産業心理学

産業心理学には、以下の3つの研究分野があります。

■組織と人の関係
組織のあり方、人間関係、仕事条件、人事など。

■消費と人の関係
心理的価値に基づく消費行動。

■健康と人の関係
心と体の病と治療、ストレスの克服。

現代の産業界は情報化によって構造が変化したり、雇用関係や組織構造も変化しています。
そのため、問題を解決するためには広い視野や豊かな発想力も必要になってきます。

産業心理学では、作業方法と負担、勤労意欲と事故現実、組織と集団の力学、消費者行動とマーケティング、広告戦略、人間工学、生理学などについて学びます。

■メニュー
いのちの電話
自殺防止センター
カウンセラーと精神科医
犯罪被害者支援センター
ユングの意識と無意識
カウンセリングの通信教育
カウンセラーとして仕事をするために
スクールカウンセラー
カウンセラーの役目
完璧主義者
エゴグラム
インナーチャイルド
スーパービジョン
精神保健福祉士
実体験から学ぶ
自律訓練法
臨床心理学
教育心理学
発達心理学
認知心理学
犯罪心理学
社会心理学
産業心理学
人格心理学
家族心理学
災害心理学
青年心理学
知覚心理学
健康心理学
動物心理学
スポーツ心理学
環境心理学
森田療法
TOPページ