スクールカウンセラー

今の若い世代の人たちは、カウンセリングにあまり抵抗感がありません。
その人たちが成長していけば、問題に直面したときにカウンセリングを利用する可能性があります。
そのため、カウンセラーのニーズは今後、さらに増えていくと考えられています。

最近では、スクールカウンセラーを配置する小中学校が増加しています。
悩みの相談だけでなく、話を聞いてもらいたい時に子供たちは気軽に相談室を利用することができます。
カウンセラーは子供たちにとって身近な存在になっています。
利用者たちは子供だけでなく、先生や保護者にも広がっています。

カウンセラーの仕事は、人と環境の適合性を高めることにあります。
個人の相談を受けるだけでなく、場合によっては環境側に働きかけることも重要です。
外にも目を向けて進んで外へ出て行くことが、これからのカウンセラーには求められるでしょう。

■メニュー
いのちの電話
自殺防止センター
カウンセラーと精神科医
犯罪被害者支援センター
ユングの意識と無意識
カウンセリングの通信教育
カウンセラーとして仕事をするために
スクールカウンセラー
カウンセラーの役目
完璧主義者
エゴグラム
インナーチャイルド
スーパービジョン
精神保健福祉士
実体験から学ぶ
自律訓練法
臨床心理学
教育心理学
発達心理学
認知心理学
犯罪心理学
社会心理学
産業心理学
人格心理学
家族心理学
災害心理学
青年心理学
知覚心理学
健康心理学
動物心理学
スポーツ心理学
環境心理学
森田療法
TOPページ