知覚心理学

知覚心理学は、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を通して情報を取り入れるプロセスやメカニズムを解明するための学問です。

視覚であれば、物体の色や明るさ、動きや形、認識などを材料として研究します。
このメカニズムは、心理学だけでなく、生理学や計算幾何学などの分野でも研究されています。

知覚心理学では、五感と知覚の関係、知覚の発達、外界との関わり、知覚理論の対比、意識と心などについて学びます。
また、理解を深めるには人工知能などの知識も必要になってきます。

■メニュー
いのちの電話
自殺防止センター
カウンセラーと精神科医
犯罪被害者支援センター
ユングの意識と無意識
カウンセリングの通信教育
カウンセラーとして仕事をするために
スクールカウンセラー
カウンセラーの役目
完璧主義者
エゴグラム
インナーチャイルド
スーパービジョン
精神保健福祉士
実体験から学ぶ
自律訓練法
臨床心理学
教育心理学
発達心理学
認知心理学
犯罪心理学
社会心理学
産業心理学
人格心理学
家族心理学
災害心理学
青年心理学
知覚心理学
健康心理学
動物心理学
スポーツ心理学
環境心理学
森田療法
TOPページ